Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ancheio.blog45.fc2.com/tb.php/57-395c052f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「ドイツ語はけっして難しい言語ではありません」→嘘つけ!

今回はようやく、新しく学び始めた言語について書きたいと思います。まずはドイツ語です。

私にとって、ドイツと言うと、戦争以外は良いイメージがあります。“知的先進国”といった感じの。理知的で質実剛健な人々、機能的なドイツ製品…。私も、ドイツ語を駆使して、そんな人々の仲間に加わり、ドイツ製の物品を自然体に末永く使っている、そんな“カッコいいライフ"を実現したいではありませんか。(←あくまで、ドイツに行ったことのない私の、勝手なイメージです)
それに、ドイツ語が分かると、オーストリアと、スイスとかイタリア北部の辺の人たちとも喋れます。私が将来、急にお金持ちになって、その辺りのスキーリゾートに行くなんてことになったら、必須言語ではありませんか。

まあ、こんな感じで始めてみました。

『テレビでドイツ語』のテキストにも、“ドイツ語のきほん”とか“文法のまとめ”という基礎が少しだけ掲載されていますが、ちゃんと初学者向けの文法書があった方が良いと思い、三修社『ゼロから始めるドイツ語』を買いました。

そうしたら、その本のまえがきにこう書いてありました。

  ドイツ語はけっして難しい言語ではありません。

…ほう。ドイツ語って難しくないんだ。それじゃ簡単に覚えちゃうかも知れないな。自分のイタリア語のレベルをすぐに追い越しちゃって、もしかしたら私、ドイツ語ペラペーラになっちゃうんだろうか。大きな目標もなく始めたのに、そんなに上達しちゃっていいんだろうか……。

ピュアな私は、その言葉を鵜呑みにして、そのテキストで勉強を始めてみたところ、しばらくして騙されたことに気がつきました。
そうです。十分難しいではありませんか。

『テレビでドイツ語』の講師である岡村りら先生も、テキストに「ドイツ語は英語と似ている部分があり、そんなに難しくありません」的なことを書いています。

なぜでしょう。なぜ皆で寄ってたかって、「ドイツ語は楽だ」なんてハードルが低そうな甘い罠を仕掛けるのでしょうか。最初から「結構難しいよ」って言ってくれた方が、その後の困難を覚悟したり、心の準備をするのに。

ここでその、ドイツ語の「ハードル低いよ」罠をいくつかご紹介します。

その1:ドイツ語の読み方はほとんどローマ字読みで済むから簡単だヨ!
 →既にich(いっひ)、Deutsch(どいちゅ)てな超基礎単語からしてローマ字読みで読めない。
  
その2:ドイツ語の発音も、大体ローマ字読みでオーケーだヨ!
 →bitteひとつ取ったって、発音聞いてみたら「びって」というより「びっとぅ」。(しかも、“び”は結構唇をむむっと合わせた感じ) カタカナ読みで十分みたいな認識を持たせないでほしい。

その3:英語と似てるから楽だヨ!
 →似てる単語とかがあるってだけで、冠詞が人称によって変化するってところだけでも、全然楽じゃない。

やっぱり、人間が何かを一生懸命やるには、目の前に甘い甘い人参がぶら下がっていた方が、より頑張れると思います。イタリア語の時は、デルピエーロほか数々の美男子と喋れるようになるぞ!という下心があったので頑張れましたが、今回学び始めた新しい言語は、どれも純粋に?、知的に豊かな人間になれますようにというところから出発しているので、困難に立ち向かうと、乗り越えるのがなかなか難しいです。でも、やればやっただけ自分の糧になるノダ!と思いながら、これからもぼちぼちやっていきます。

次回は、ドイツ語のRについて、何なのよー、もーうという話題の予定です。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ancheio.blog45.fc2.com/tb.php/57-395c052f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

あんき~お

Author:あんき~お
しばらくイタポ生活から離れていましたが、おかげさまで最近復帰いたしました。

 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。