Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ancheio.blog45.fc2.com/tb.php/7-56c2ea70

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

熱く語るぞ! Gianni Fiorellino

 今日はGianni Fiorellino(じゃんに・ふぃおれっりーの)について書きたいと思います。

 私が彼を知ったきっかけは、スカパーのデジタルラジオでした。
 数年前、当時スカパーを契約していた私は、チャンネル無料解放デーに、デジタルラジオの「イタリア」というチャンネルの放送を、可能な限りMDに録音しておきました。とにかくイタリアの歌だけが、延々と放送されているのです。その音を録りつつ、画面に表示される曲名・歌手名・時間をメモするという、なかなかマニュアルな作業を行いました。
 何度かの無料デーを活用し、MDは全部で6枚できました。その頃の私は、イタリアの歌手で知っていたのはNEKほか数名だったので、自分の趣味に関係なく放送されていた楽曲・歌手を知ることは、とても良い機会でした。

 Gianniの曲が収められたのは、その6枚目。アルバム「Gli amori sono in noi」(り・あもーり・そーの・いん・のい=愛は僕たちの中に在る)の、「Gli amori sono in noi」と「Sto bene dentro」(すと・べーね・でんとろ=僕の心は良い気分♪)の2曲がありました。
(注:私には翻訳のセンスがありません。苦し紛れの和訳にご注意ください)

 ちなみにこの「6枚目のMD」には、後に私の運命を変えることになる?、Tiziano Ferro(てぃつぃあーの・ふぇっろ)の「Rosso relativo」(ろっそ・れらてぃーう゛ぉ)も入っていました。

 私は日替わりでMDを交換しながら、通勤時に聴いていました。
 ある日の朝、何気なしにMDを聴いていたはずが、自分の耳に<歌手の歌の上手さ>が飛び込んできて、駅のホームではっとさせられました。それがGianniの「Sto bene dentro」でした。

 Gianni Fiorellinoのオフィシャルサイトはこちらです。
 アクセスすると、すぐに「Bastava un niente」が流れ始めます。いきなり音楽流すサイトは好きではありませんが、良い曲です。まるまる1曲聴けます。止めたい時は、左下の四角い停止ボタンを押しましょう。
 彼のサイトは、FLASHムービーで構成されており、閲覧しづらいです。が、discografiaでは曲のサンプルが聴けますので、是非お試しください。曲のミニ雑感は下のとおりです。

★Bastava un niente
 自分が持ってるCDの1曲目だけど、コピーガードのせいか、MacのiTunesに落とせませんでした。今日初めて聴きました。Gianniの曲にははずれがないねぇ、といった印象。
 【追記2005.1.2】2004年10月末にiMacを新調し、もう一度挑戦してみたところちゃんとiTunesに落とせました。

★Mi piaci come sei
 近頃Videoitaliaで、ライブで歌っている様子が放映されています。明るくて、とても気持ちの良い曲です。歌っているGianniの姿、ほとんど観たことなかったのですが、イメージ変わりました。短髪にサングラスをかけ、前よりも野性的?な感じを醸し出しています。Dennisみたいです。

★Sto bene dentro
 サンプルは、私がはっとさせられた「直前」で終わっています。残念。でも素敵なサビが聴けますよー。

★Ricomincerei
 聴いてると、じーんときて涙が出そうなメロディーです。私はこの曲を聴き、「火曜サスペンス劇場のエンディングにぴったりだ!!」と直感しました。Gianniが嬉しいかどうかは分かりませんが…。

 
 彼がナポリ出身で…とか、その他の情報はもあさんのサイト「Pensiero!」をご覧いただくと、よーく分かります。
 Music album review→ITALY→G→Gianni Fiorellinoと進んでください。

 Gianniのことを書くに当たって、「Fiorellino…、日本で言えば"小花さん"ってところか」なんてことを考えていました。
 彼の歌声が、Videoitaliaでもっと聴けるようになることを願ってやみません。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ancheio.blog45.fc2.com/tb.php/7-56c2ea70

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

あんき~お

Author:あんき~お
しばらくイタポ生活から離れていましたが、おかげさまで最近復帰いたしました。

 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。