Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ancheio.blog45.fc2.com/tb.php/70-cffe6287

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ローマの思い出と、Alvinの謎の友達・Alessioクン

先日放送された『テレビでイタリア語』20課のスキットの内容は、AlvinとAliceがトラムに乗ってトラステヴェレに行くというものでした。
ローマ大学在学中でローマ在住のAlvinは、トラム乗り場にいたお兄さんに「このトラムはトラステヴェレに行きますか?」と尋ねます。
この台詞を聞いて、「ローマっ子なのに聞かなくても行けるだろ」という疑念が生じるよりも、私の頭の中にはある遠い記憶がよみがえりました。

それは、昔々、私が人生初めての海外旅行でイタリアを訪れた時、ローマではバスに乗るたびに、乗り合わせた現地の人に「このバスはどこどこへ行きますか?」という質問をしまくっていたことです。一番多かったのは、宿泊していたホテルがテルミニ駅近くだったので、「Quest'autobus va alla stazione termini?」です。

その中でも、確かスタディオ・オリンピコで夜にサッカーを観た帰りだったでしょうか、命からがら(←くらいの疲労感で)友人とテルミニ駅に行くと思われるバスに乗りました。そして、目の前には現地の若い女の子二人組が座っています。
私は友人に、「この人たちに聞いてみるよ」と言いました。その時、こころなしか目の前の金髪ショートボブの女の子は、そわそわしているように見えました。

そして私が彼女に「Quest'autobus va alla stazione termini?」と尋ねると、彼女はもじもじしながら答えました。

「ソウデス」

おお!!?? 日本語分かるのか!!
日本語を勉強している人なのだから、これはあちらの勉強の機会になるようにと思い、私は日本語で彼女に分かりやすいようにハキハキと、「日本語を勉強しているんですか?」とまた尋ねました。が、彼女は何かもごもごと喋っていて、そんなには日本語を知らないようでした。
その後に彼女たちとお喋りに興じた記憶はないので、まあ沢山は喋らなかったと思います。こちらがバスを降りる時には「アリガトー、Grazie」とか言って、微笑み合ったような気がします。
本当にもう、ちゃんと安全にホテルに戻れるだろうかとヒヤヒヤドキンチョだったので、この彼女の「ソウデス」という一言は、異国の地で窮する私の心を温めた一口のお味噌汁のようでした。

そんなことを思いながらスキットを見ていたら、とっぷり日の暮れたトラステヴェレの広場で、Alvinは「ここで友達と会う約束してるんだ」と誰かを探している様子。そして彼が「いたいた!」と友人を見つけて、「Ciao,Alvin!」とペンギン走りで駆け寄ってきたのが、長身のショートヘアで、色白の……現代日本で言う“男の娘”なんですよ。イタリア版男の娘! オカマちゃんでもなく、オネエ系でもなく。とってもキュートな男の娘!

彼の名前はAlessio。AlvinからAliceを紹介されて、「はじめまして、アレッシオです」という声色も、通常の青年のそれではありません。それにAlessio、デニムのジャケットにストールを巻いて、腰にはカーディガンでも巻いてるのか、それともキュロットスカート状の物をはいているのか(←暗くて良く見えない)、女の子がミニスカートに細身のボトムスを合わせたようなファッションなのです。
これがまあ、何て言うか、やっぱり美男美女の国イタリアだからかっていうか、元が良いからもう日本の“男の娘”とかいう人たちの比じゃない可愛さ、キュートさ、しかもお似合い加減!!
こんな人にこんなことやられたら、日本人は男も女も完敗ですわ。

さて、Alvinはこれから踊りに行くんだけど一緒にどう?とAliceを誘いますが、彼女は家に友達が来るので残念だけど行けない、ということで終わります。(←今回のスキットのキーフレーズはMi dispiace)

Alvinと一緒にdiscotecaに行ったAlessioクンはどんなふうにballareするんでしょうか…。

<追加>
老体に鞭打って画像貼付けてみました。
2回目のイタリア旅行で、トラステヴェレを訪れた時のものです。
元がAPSフィルムの写真→データ化→加工してるので、あんまりきれいじゃありませんけど。
イタリアは風景に時代が出ないのがいいですね。


trastevere
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ancheio.blog45.fc2.com/tb.php/70-cffe6287

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

あんき~お

Author:あんき~お
しばらくイタポ生活から離れていましたが、おかげさまで最近復帰いたしました。

 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。