Entries

じゃあ今度はこの人 Michael Fortunati

みなさん、ちゃおです。あんきもです。楽しいsettimana d’oroをお過ごしでしょうか。

さて、ここのところ、外国の人の氏名が、わたし的に納得できる読み方をされているか・いないかという話をとうとうとしていますが、そんな中で思い出したのがこの方。Michael Fortunatiさんです。

実は私、彼のことは最近知ったばかりで、ちょっと朝にヤル気出そうかって時に景気づけに「そうだ、『Give me up』でも聴こう」ってYouTubeで観て、歌ってるご本人様を初めて見たのでした。

そしたらなんと、イタリア系名字。そして、ネット上に日本語で氏名が書いてあると、表記は「マイケル・フォーチュナティ」。ここここれは、イタリア系アメリカ人の匂いがぷんぷんしているではありませんか。
それにやっぱりさすがのイタリア系、見た目がかっこいい!





この曲が日本で流行っていたのは1986年のこと、もう30年も前のことです。30年経って初めて、原曲を歌っている人のことを知り、ミュージックビデオも観る機会を得ました。不思議な縁です。(色々ツッコミどころのあるビデオですが、このブログで取り上げるのはイタポの曲なので、やめておきます)

動画にはitalocoって会社名?もあるので、イタリア系アメリカ人の音楽会社とか何かなのかしらと思っていたのですが、この度、マイケルさんのことをwikipediaで見てみたら、おや?

……プッリャ州ヴィッラ・カステッリ出身って書いてあるではありませんか。なんだ、フツーにイタリア人でしたか。

それに本名は「ピーエル・ミカエル・ニグロ(Pierre Michael Nigro)」。何よ、Fortunatiって芸名だったの? で、ちょっとおフランス系?

私の脳内にある仮説が崩されてしまいました。

そうして、ネット上にある彼の情報を見ていったところ、なんと彼も『Give me up』も、ほぼ日本のみで流行ったみたいで。
え?『Give me up』って全米ヒットチャート◯週連続ナンバーワン的な曲じゃなかったの??(ガラガラガラ…←再び仮説崩れる)

しかも日本のディスコソングとして、大人気だったようですね。
この動画見て色々感動しました。(7分55秒からが『Give me up』です)





同じように感動したのが、Rick Astley。こちらもお元気そうで何より。





あれから三十年。言うのは簡単です。
毎日健康に生きていられて、本当に有難いです。運命に感謝します。

あ、おしまいに書いておきますと、Fortunatiという姓はイタリア読みしたら「フォルトゥナーティ」となります。(fortunato=幸運な、の意)

お、これで運命(fortuna)とちょっと絡んで結ぶことができましたでしょうか。めでたしめでたし。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ancheio.blog45.fc2.com/tb.php/92-91d31337

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

あんき~お

Author:あんき~お
しばらくイタポ生活から離れていましたが、おかげさまで最近復帰いたしました。

 

ブログ内検索